断熱性能で判断しよう

住宅模型

大阪の不動産会社によって、新築・中古で一戸建て住宅を選ぶにしても、既に設置されている家具やインテリアに惑わされずに、住み心地を重視して選びましょう。その基準を一つあげるならば、断熱性能だといいます。温暖地の大阪では、過剰な断熱性能は、いくら優れていても冬は暖房なしでは寒く、だがしかし、暖房を付けると暑過ぎることになるようです。夏も反対の現象が起こりがち、中間期でもエアコンが必要になる可能性もあり、そうした一戸建て住宅ならば、住む人にはストレスになるはずです。家族の健康はもちろん、家の寿命に重大な影響をもたらすので、ポイントになるのが換気です。今、太陽光発電・蓄電池、さらにはホームエネルギーマネジメントシステムまであり、建築家が建てたデザイン住宅では、断熱の方法をチェックしましょう。健康にも快適さにも重要となる換気装置の維持管理ができているのか、そこも基準です。

自然のリスクから守る

家族

一戸建て住宅を建てるためには、東日本大震災で生じた液状化現象での住宅の傾きに注目が集まっていることをご存知でしょうか。ハウスメーカーや工務店が大阪にも多数ありますが、同業者が建てた住宅が液状化現象で傾いたことを知れば、否が応でも建て替えるならばどのような家にするべきか、という内容に注目せざるをえないでしょう。もちろん、地盤の問題も大きく関与しますから、地盤沈下しないかどうかを調査することも一から建てるならば必要です。今、地震に強い一戸建て住宅に注目が集まっています。つまりは、安全で安心できる、そして健康に役立つことに繋がるようです。中でも、次世代耐震構造の一戸建て住宅が注目度を集めていますが、揺れを抑制する制震技術も必要不可欠、実験においても大震災を想定した揺れに何度となく耐え、構造体の損傷さえなかったようです。連続する余震、そうした不安にもビクともしない家づくりが話題で、これならば、大阪のどのような敷地に建てても安心や安全性を謳えるのではないでしょうか。そうした構造であれば、地震のみならず、台風や火事にも強い家づくりができるのではないでしょうか。余震の後に、雨漏りをしたり、隙間風が入る、そうしたリフォームが必要になることもないはずです。密集したエリアならば、火事になればもらい火に注意したくとも、個人にはなす術がありません。だからこそ、構造改革が今注目されているのではないでしょうか。

広告募集中